【アンケート】おすすめのBBQコンロ・グリル&メーカーランキング!細かい使用感、口コミも大注目◎【アイテム】 | 日本最大級のバーベキュー場プラットフォーム Bavi

日本最大級のバーベキュー場プラットフォーム Bavi

広告

  • 最終更新日最終更新日: 2023.01.26
  • コラムカテゴリー アイテム

【アンケート】おすすめのBBQコンロ・グリル&メーカーランキング!細かい使用感、口コミも大注目◎

こんにちは!Bavi編集部です。

この度Baviではクラウドソーシングサイト(クラウドワークス)を通じて、バーベキュー(BBQ)にまつわるアンケート調査を実施しました。その結果を編集部で徹底分析していきます!

今回のテーマは、「バーベキューでおすすめのコンロ・グリル」
また、そのアンケートからわかったメーカーランキングも合わせて掲載しています。

さぁ、どんな結果が分かったでしょうか?コンロ・グリルを実際に使用したユーザーのリアルな口コミも必見です。早速見ていきましょう!

目 次

【アンケート】おすすめのBBQコンロ・グリルは?

グラフ

調査概要

【調査名】おすすめのBBQコンロ・グリルに関するアンケート調査
【調査方法】 インターネット調査(クラウドワークス)
【調査者】 ゼネラルパーソンカンパニー(株)
【調査期間】2022年9月22日~9月30日
【統計データ数】37
【調査地域】 全国
【調査対象】クラウドワークスワーカー

今回、Bavi運営会社「ゼネラルパーソンカンパニー(株)」は、バーベキューで最も大切と言っても過言ではないコンロ・グリルについてアンケート調査を実施。ユーザーの使用経験に基づきおすすめアイテム(またはメーカー)、評価点、改善点等を調査しました。

<補足1>
【男女比】男性59.5%、女性37.8%、その他2.7%
【年代】10代2.7%、20代21.6%、30代51.4%、40代24.3%
<補足2>
点数評価は1~5点満点

ポイント

・1位2位は海外ブランドColemanが占めているが、それ以降は国内ブランドがランクイン
・「その他」の票が半数以上を占めている点から、バーベキューコンロ・グリルの種類は豊富で好みも分散されている
・同率票が多く、2位以降は僅差である
・やはり商品ランキングとメーカーランキングはリンクしていることが読み取れる
・ガスより炭のコンロ・グリルが好まれる傾向

集計結果

おすすめのBBQコンロ・グリルは?

○1位…クールスパイダープロ(Coleman)5票
○同率2位…ロードトリップグリル(Coleman)3票
○同率2位…ファイアグリル(ユニフレーム)3票
○同率4位…鉄板マルチグリドル(JHQ)2票
○同率4位…B-GO(笑’s)2票

<その他>22票 内訳
○各1票…ステンレス製ソログリル、PORTABLE KETTLE CHARCOAL GRILL、クールステージテーブルトップグリル、パワーハウスLPツーバーナーストーブ、クールスパイダーステンレスグリルグランデ、DCM インスタントコンロ 大きめサイズ、風まる、焼きまる、チューブグリルSmart80、バーベキューケトルグリル、ピコグリル398、焚き火台L、雪峰苑、デュアルグリル、ユニセラTG-Ⅲ、ツーバーナー、ラウンドBBQ&スモークコンロ、ジャンボジョーチャコールグリル、バーベキューコンロコンパクトケトル、ミニBBQグリル、ロータスグリルXL、PA-E18F

補足

ちなみに、こちらのアンケートをメーカー別に集計すると以下のような回答を得られました。

おすすめのBBQコンロ・グリルメーカーは?

○1位…Coleman(コールマン)11票
○2位…UNIFLAME(ユニフレーム)5票
○同率3位…iwatani(イワタニ) 2票
○同率3位…JHQ(ジェイエイチキュー)2票
○同率3位…Snow Peak(スノーピーク)2票
○同率3位…Weber(ウェーバー)2票
○同率3位…笑’s( ショウズ)2票

<その他>11票 内訳
○各1票…CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、charbroil(チャーブロイル)、DCM、LOGOS(ロゴス)、MASTERBUILT(マスタービルト)、PICOGRILL(ピコグリル)、soto、VACANCES(バカンス)、ダイソー、ハーフィレジャパン、パロマ

【口コミあり】おすすめBBQコンロ・グリル上位5選

ここではアンケート結果で上位5つに選ばれたバーベキューコンロ・グリルを詳しくご紹介していきます。各商品の特徴だけでなく、アンケートで聞き取りした評価点と、ここが気になるという改善点について、使用感を交えてお伝えします。

どちらも確認した上で、用途に合わせてご自分に合ったバーベキューコンロ・グリルを見つけてみてください!

1位:クールスパイダープロ(Coleman)

【Amazon】コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ

基本情報

<製品情報>

【メーカー】Coleman(コールマン)
【重量】6kg
【サイズ】約80×52×40/70(h)cm
【使用人数目安】4〜6人
【燃料】炭

<公式サイト>

https://ec.coleman.co.jp/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

平均点3.8点

<評価点>

・軽くて洗いやすい
・高さ調節機能がある
・大人数対応可能な大きさでジャンジャン焼けるため、人数が多い時は便利
・一つを網にしてもう一つを鉄板にできるため、網で肉を焼き、鉄板で焼きそばなど同時に作れる

<改善点>

・脚が弱いので少しがたつく
・引き出し機能があまりスムーズでない

特徴

・コストパフォーマンスは回答が3点と5点に分かれたため平均点3.8点と中間
・グリル面が大きく同時に調理できる
・焼網の高さが4段階に調節可能(約3~10cm)
・脚が細い分安定感が気になる声多数

同率2位: ロードトリップグリル(Coleman)

【Amazon】コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2

【Amazon】コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2

基本情報

<製品情報>

【メーカー】Coleman(コールマン)
【重量】18kg
【サイズ】約118×46×112.5(h)cm
【使用人数目安】4〜6人
【燃料】ガス

<公式サイト>

https://ec.coleman.co.jp/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス >

平均点3点

<評価点 >

・使わない時はコンパクトに畳めて便利
・ガス缶を2缶つけるだけのため、ガスの火力調整が超簡単
・準備は折り畳んだ状態から開くだけ。片付けも簡単なので初心者も安心
・キャスター付きで持ち運びが楽
・火おこししなくてよい

<改善点>

・製品自体が重い
・炭火の方がおいしく感じる人もいるかもしれない

特徴

・燃料はガスなので火おこしをしなくて楽(ガス缶2本で燃焼時間は2〜4時間)
・一見大きく見えるが折りたたみ式でコンパクト
・気軽にバーベキューができることが最大のメリット
・炭火で焼くのとは味が違うため、好みが分かれるのでその点は要注意

同率2位:ファイアグリル(ユニフレーム)

【Amazon】ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル

基本情報

<製品情報>

【メーカー】UNIFLAME(ユニフレーム)
【重量】2.7kg
【サイズ】約43×43×33(網高)cm
【使用人数目安】3〜4人
【燃料】炭

<公式サイト>

https://www.uniflame.co.jp/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

平均点4.7点

<評価点>

・軽いわりに安定感がある
・見た目がかっこいい
・コンパクトに収納できる
・調理、焚き火など汎用性が高い
・満遍なく火が通る

<改善点>

・洗いづらい
・網を載せてしまうと炭の追加がしづらい

特徴

・コストパフォーマンスが平均4.7点と今調査で最高値
・軽くてコンパクトに収納できる
・軽量の割に高い強度もありダッチオーブンなどを使用可能
・見た目を評価する声が多数
・網を乗せると火から近いため炭を入れにくいのが難点

同率4位: 鉄板マルチグリドル(JHQ)

【Amazon】JHQ 鉄板 マルチグリドル

基本情報

<製品情報>

【メーカー】JHQ(ジェイエイチキュー)
【重量】大サイズ:1kg、小サイズ:330g
【サイズ】大サイズ:直径33cm、小サイズ:直径19cm
【使用人数目安】2〜3人
【燃料】ガス、直火、炭火、IH調理器(大サイズのみ)

<公式サイト>

https://jhq.co.jp/multigriddle/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

平均点3.5点

<評価点 >

・機能性と見栄え
・機能が多彩で色んな用途で使用できる

<改善点>

・金額がやや高め

特徴

・コストパフォーマンスは人により意見が分かれる商品
・鉄板にしては金額が高めだが、機能性が高い
・バーベキューだけでなく自宅のキッチンでも活躍する

同率4位: 焚き火グリル B-GO(笑’s )

【Amazon】笑’s コンパクト焚き火グリル 「B-GO」

基本情報

<製品情報>

【メーカー】笑’s( ショウズ)
【重量】1.15kg
【サイズ】約30.3×17.6×24cm
【使用人数目安】1〜3人
【燃料】炭

<公式サイト>

https://shop.sho-s.jp/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

平均点4.5点

<評価点 >

・非常に頑丈
・他メーカーと比べて半額に近い料金で購入可能

<改善点>

・数人で使用する場合には少し小さい

特徴

・コストパフォーマンスは平均4.5点と高評価
・工場直売のアウトドア用品のため低価格で手に入る点も魅力
・国内メーカーで安心な上、頑丈な作りも好評
・大人数での使用には向かない

【番外編】1票を獲得した商品

最後に、多数の票は得られなかったものの、1票を獲得した商品の中から編集部注目のバーベキューコンロ・グリルを3つ厳選して紹介します。

近年、コロナ禍の影響もありソロキャンプが注目を集めましたが、今回上位5つにはソロキャンプ向けの商品がランクインしていませんでした。しかし、ソロキャンプ向けのコンロ・グリルもいくつか投票があり、関心がある方も多いと思いますので、番外編にてお届けします。

また、これからバーベキューをはじめてみたいとコンロ・グリルをお探しの方へ、初心者の方でも扱いやすいアイテムやお手入れしやすいアイテムもご紹介します。目的別にそれぞれ違った魅力を持つ商品をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※コストパフォーマンスは平均点ではなく、あくまで個人の評価です

【ソロキャンプにおすすめ】 ステンレス ソログリル

【Amazon】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ ステンレス

基本情報

<製品情報>

【メーカー】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
【重量】500g
【サイズ】約幅26.5×奥行19.5×高さ16cm
【使用人数目安】1人
【燃料】炭

<公式サイト>

https://www.captainstag.net/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

5点

<評価点 >

・一人用なのでコンパクト(二人での使用も可能)

<改善点>

・脚が細くてバランスが少し悪い

特徴

・お手頃なお値段で、コンパクトな点が好評
・持ち運びも便利なので気軽にバーベキューが楽しめるのもポイント
・小さいので安定感がないことが改善点

【初心者におすすめ】ジャンボジョー チャコールグリル

【Amazon】ウェーバー(Weber) 卓上 キャンプ グリル 47cm ジャンボジョー

基本情報

<製品情報>

【メーカー】Weber(ウェーバー)
【サイズ】約高50×幅52×奥行50cm
【使用人数目安】6〜8人
【燃料】炭

<公式サイト>

https://www.weber.com/JP/ja/home/

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

5点

<評価点 >

・焼くスペースも広く、一度に色々なものが焼ける
・スペアリブやチキンの丸焼きなど本格的なアメリカンバーベキューも可能

<改善点>

・少し重たいのと、蓋の開閉の時に音が出る点

特徴

・ファミリーなど大人数で楽しむのにぴったりと高評価
・ダンパーを調整するだけで正確に火加減を調整できるので、色々な料理に挑戦しやすい点も魅力
・大きい分重いのがネック

【お手入れしやすい】雪峰苑

【Amazon】スノーピーク(snow peak) グリルバーナー 雪峰苑

基本情報

<製品情報>

【メーカー】snow peak(スノーピーク)
【重量】5kg
【サイズ】約25×36×17.5cm
【使用人数目安】2〜3人
【燃料】ガス

<公式サイト>

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

口コミ、評価

<コストパフォーマンス>

2点

<評価点 >

・使いやすく、使用後も洗いやすい

<改善点>

・価格をもう少し下げてほしい

特徴

・油や調理カスが一箇所にたまるため、お手入れしやすい点が魅力
・値段と見合っていないとの声

所感

1位を獲得したのは、おすすめ商品・メーカー共にアウトドアブランドで知名度の高いColemanでした。

しかし、Colemanと回答した人のコストパフォーマンスの評価点を見てみると、半数は5点満点中3点以下と答えています。価格は少々高いと感じながらも、機能性がそれを上回る品質の良い商品ということが推察できます。

おすすめ商品でColemanを選んだ人たちの中でも、燃料が炭かガスか、大人数タイプか少人数タイプかで好みが分かれています。Colemanはさまざまなタイプのコンロ・グリルが潤沢にあり、選択の幅が多いこともランキングに影響していると思われます。

しかし、2位以下〜5位の商品は全て国内ブランドが占めています。各国内ブランドはコンロ・グリルの種類が豊富な訳ではありませんが、確かな性能と安心感から確実に人気を集めているといえるでしょう。

また、使用人数目安は4〜5名と比較的大人数タイプの商品が上位となりました。ここ最近ではソロキャンプが注目されてはいるものの、やはり主流は複数名で使用できるコンロ・グリルが人気のようです。

まとめ

今回は、「BBQでおすすめのコンロ・グリル」についての調査でした。いかがでしたか?

【アンケート結果】おすすめのBBQコンロ・グリルは?
○1位…クールスパイダープロ(Coleman)
○同率2位…ロードトリップグリル(Coleman)
○同率2位…ファイアグリル(ユニフレーム)
○同率4位…鉄板マルチグリドル(JHQ)
○同率4位…B-GO(笑’s)

【アンケート結果】おすすめのBBQコンロ・グリルメーカーは?
○1位…Coleman(コールマン)
○2位…UNIFLAME(ユニフレーム)
○同率3位…iwatani(イワタニ)
○同率3位…JHQ(ジェイエイチキュー)
○同率3位…Snow Peak(スノーピーク)
○同率3位…Weber(ウェーバー)
○同率3位…笑’s( ショウズ)

結果として、アウトドア用品で圧倒的に知名度の高いColemanに人気が集中していることが分かりました。バーベキューやキャンプに欠かせないコンロ・グリルは、多少値段が高くても質の良いものを選んでいるようですね。

また、「バーベキューコンロ」という視点でアンケートを取っていますので、ソロより複数人での使用を想定してランクインしているとも言えるでしょう。

しかしながら、番外編で紹介したソロ向けアイテムも外せないポイントですので、皆さんのニーズに応じて、ぜひ口コミを参考にバーベキューコンロ・グリルの購入を検討してみてくださいね。

Baviでは他にもバーベキューグッズにまつわるアンケート調査を多数実施しています。実際にバーベキューを楽しむ人たちのおすすめ商品を紹介しているので、ぜひ他の記事もあわせてご覧ください!

下記記事ではおすすめの耐火グローブを紹介しています↓

Bavi編集部
Bavi編集部

チームBaviはバーベキューのプロ集団。10年以上続く出張BBQサービスの経験を活かして、信頼できる情報をお届けします! 出張BBQのご用命はコチラ▶▶▶【Bavi(手軽にBBQ.com)】https://www.gpc-bbq.com/

広告

新着コラム

BBQで役立つ最新情報をCHECK!!

もっと見る
LINEでお気軽相談